ご負担いただく医療費について



動物病院などのご協力の元

一般よりも、お安く医療をかけれていますが、

それでも、下記に示す里親様ご負担額を大幅に超えてくる

保護犬達が ほとんどの現状です。

保護犬への医療費は、ご寄付を下さる皆様からの

心の資金にて処置をしています。

当会の保護犬を迎える前に、、

沢山の方々に救われた命だという事を お受け止め頂けたら幸いです。


 【 ダンデライオン・ご寄付、ご支援御礼ブログ 】



ご負担医療費 

☆ 小型、中型犬で  40,000円〜45,000円

☆  20キロ以上の大型犬で  50,000円〜55,000円

(その他) 
お届けにかかった交通費(ガソリン、高速代)は別途 ご負担頂いております。

………………………………………………………………

【お読み下さい】

掛かった医療費だけを請求すべきだ。と思う人も居るかと思います。

そう思われる多くのかたは、

子犬や若い犬を希望されているかたが多いです。

しかし、、
子犬でも高額なオペや治療を必要とする場合も多く

上記以上の高額になる場合も多々あるのです。

また、
酷い状態での保護で高額な医療をかけた犬達の里親ご希望様に

何十万ものご負担を請求をするのでしょうか?

その高額な医療費をご負担してまで

里親として挙手下さるかたは少ないと考え、

ご負担いただく最高額を決めています。

「ダンデライオンの犬達は皆で救おう」のご負担金額です。

規定ご負担額以上の医療費が かかろうとも、

小型&中型で、40,000〜45,000円。

大型で 50,000〜55,000円での

負担にて 譲渡をしております。

当会の卒業犬の多くは、

ご負担額を差し引いた不足金額を

当会へご寄付下さった皆様からの支援金にて

オペ、治療をしてきたワンちゃん達です。

また、老犬ちゃんは上記金額以下にて 

お引き渡しをしております。

不妊処置年齢前の子犬なども

上記、規定以下でお渡しが出来ます。

☆行った医療については 保護犬紹介のページにて明記しております。




譲渡ご負担金額は一律額ではありません。

よくお読みになり

同意頂けましたらお申込みをお願い致します。


【 記 】

当会では、登録県のセンターより正規の手続きにて引き取りをしている為、

法的に飼い主権利は 当会へ移行されております。

  ・収容期限切れ (処分の為、飼い主権利は 県に移行)
       ↓
  ・県から正式譲渡 (飼い主権利は団体 及び 個人譲渡者などに移行)

保護犬の掲示をご覧になり

「うちの子」と引き取り希望の場合には保護中にご連絡下さい。

譲渡後の返還により犬が不幸になると判断した場合には

引き渡しには応じません。

引き取りセンターへ個人情報の告知を致します。

行政の指示、指導にも従っていただく事になります。

尚、、当会保護犬譲渡の一部ご負担医療費ではなく

掛かった医療費の全額 +センター及び、通院など支出交通費等、

その犬に支払った金額の全額を お支払い頂いております。

飼育費用の請求は致しません。